サハラ・ハルガン、母国ソマリランドの葛藤を唄う

SAHRA HALGAN / all rights reserved

キャプション

30年に及ぶ激しい内戦状態が続くアフリカ大陸東部の国ソマリアから、国際的には承認されていないながらも独立を宣言し武装解除を果たした奇跡の国ソマリランド共和国。サハラ・ハルガンはソマリランドを代表する伝統音楽の歌い手でありながら、独立運動に大きく貢献する。看護婦として前線に加わり、兵士達の苦しみを慰めるために歌った彼女には、兵士を意味する「ハルガン」のニックネームがついた。内戦の激化によりフランスへ亡命したあと、ソマリランドへの支援活動を行っていた彼女は、ワールドミュージックとロックを融合させるギタリストのマエル・サラートと、マリ伝統音楽のアップデートで注目を集めるベカオ・カンテットのエメリック・クロールとともにユニットを結成。素朴でありながら故国への思いや平和への祈りが込められた力強い歌声に、シンプルに絡みつくギターとパーカッションはどこかアフリカの広大な大地を連想させる。今回サハラ・ハルガンが来日出演するフェスティバル「SUKIYAKI MEETS THE WORLD」の関連イベントの一環として、サハラが祖国ソマリランドの地を再び訪れる様子が収められた本邦初公開となるドキュメンタリー映画「Sahra Halgan Returns to Somaliland (2015年)」の上映および、音楽評論家サラーム海上氏をゲストにサハラ・ハルガン・トリオを迎えての唄を交えてのトークイベント(日仏同時通訳あり)を開催いたします。

<イベント詳細>
SUKIYAKI MEETS THE WORLD & rakaoke PRESENT
⎡ソマリランドの唄⎦
➞ 2016年8月29日 (月) – アンスティチュ・フランセ東京 – エスパス・イマージュ
エスパス・イマージュ画像
開演:19時 (開場:18時45分)/入場無料
※ 事前予約必須 予約フォームはこちら

<来日公演情報>
『スキヤキ・ミーツ・ザ・ワルド 2016』
➞ 2016年8月24日 (水) – スキヤキ名古屋、Tokuzo, 名古屋
➞ 2016年8月27日 (土) – スキヤキ・ミーツ・ザ・ワルド, 南砺
詳細はこちら
➞ 2016年8月30日 (火) – スキヤキ東京, 渋谷 WWW, 東京
詳細はこちら
➞ 2016年9月3日 (土) – スキヤキ沖縄, 桜坂劇場, 沖縄
詳細はこちら

公式HP
facebook
amazon.co.jp
レーベル

SAHRA HALGAN © Cris Ubermann
SAHRA HALGAN © ILJ
SAHRA HALGAN TRIO © Cris Ubermann
SAHRA HALGAN - "Sahra Halgan returns to Somaliland", Trailer

画像をクリック

⎡ソマリランドの唄⎦➞ 2016年8月29日 (月) – アンスティチュ・フランセ東京

画像をクリック

コメントは受け付けていません。